小児歯科

乳幼児のお口の中にはもともと虫歯菌はおらず、親の口内に存在する菌が箸などを介して子どもに入り込むことで、虫歯になってしまいます。

なので、親御さんは子どものお口もですが、自分のお口にも気をつけなくてはいけません。

と、原因はさておき、まだ乳歯ばかりの子どもが虫歯になってしまう事に対して、あまり心配していない親御さんも多いのではないでしょうか?

乳歯はそのうち生え変わり、永久歯に変わります。だから、乳歯にあれこれ世話を焼かずとも、いつか無くなってしまうのならちょっとくらい放っておいてもいいのでは...と思ってしまうこともあるでしょう。

実は怖い乳歯の虫歯

ですが、実は、乳歯が虫歯になる事で生まれる弊害は、後々とても大きな害を生んでしまうのです。

永久歯というのは、乳歯が抜けてから作られるというようなものではありません。乳歯が抜ける前からその下で着々と成長しており、乳歯は永久歯に押される形で抜けていきます。そのため、もし乳歯が虫歯に犯されていると、その下の永久歯にまで影響が及んでしまう可能性があります。

具体的に言いますと、永久歯の成長が悪くなってしまったり、永久歯が生えそろった時の歯並びが悪くなったりなどと言った弊害があります。そうなれば矯正治療が必要になることもありえますし、子どもに要らないストレスを与えてしまう事にもつながります。

虫歯など口の中のトラブルと言うのは、大人が思うよりずっと子どもに悪い影響を与えてしまいます。口というのは、食べ物の摂取に必要な場所ですし、生きていくうえで必要な会話をする場所でもあります。

虫歯のせいで食べものを食べることが難しくなったり、歯並びの悪さから喋りにくくなり会話を嫌ってしまうという可能性もないとは言い切れません。口内環境がきっかけで料理を嫌ってしまうということはよくありますし、よくある例を挙げますと噛みきれない固いものなどを食べなくなる、ということがあります。これは噛み合わせが悪いために噛む力が弱くなってしまうのです。

永久歯はその名の通り一生付き合っていく歯になりますので、こういった弊害が出ないよう気を付けてあげてください。そして、少しでも虫歯かなと心配になった場合は、ご遠慮なく当院にお越しください。

PageTOP

診療時間

月・火・水・金

8:30-12:00 / 14:00-18:30
(最終受付18:00)

木・土

8:30-12:30
(最終受付12:00)

休診日

木・土曜の午後、日・祝日
(祝日のある週は木・土の午後も診療します)

ご予約・ご相談

0246-26-1118

ご来院前に必ずお電話ください。

福島県いわき市内郷御厩町
1-186-1
駐車場 11台あり
当院へのアクセスはこちら